キャッシュレス決済と住宅ローン審査

福岡MPオフィスの松股です。

 

買物の時にキャッシュレス決済だと、多くの店舗でポイント還元がされるようになりました。

それによって今はクレジットカードやスマホのアプリ、電子マネーを使う方が増えていると思います。

しかしそれらは気をつけて使わないと、住宅ローンの審査に支障をきたす場合がある、というのが今回のお話です。

 

 

paypayなどのスマホ決済アプリ、セブンイレブンのnanacoなどの電子マネー、いずれもお金をチャージして使います。

そのチャージ方法が現金や預金口座からであれば何ら問題ありませんが、クレジットカードからチャージする場合は注意が必要です。

 

手元の現金を使うわけではないので、つい使いすぎることがあるかもしれません。

もともとクレジットカードは持っていてほとんど使ってなかったけど、キャッシュレス決済のポイント還元につられて使う機会が増えたという方もいると思います。

 

住宅ローンの審査において、注意しないといけないのは以下のパターンです。

 

クレジットカード、またはクレジットカードでチャージしたアプリや電子マネーを使いすぎる

クレジットカードの支払日に指定口座の残高が不足し、引落しが出来ない

個人信用情報に「延滞」の記録がされてしまう

 

クレジットカード会社には、短期間の延滞なら「延滞」扱いをしない会社もあれば、1日の延滞でも「延滞」として情報登録する会社もあります。

しかし「延滞」の情報があると、住宅ローンの審査に支障をきたすのは間違いありません。

 

【CICのサンプル画像】

延滞があれば、AやPのマークが付いてしまいます

これらのマークが多かったり、最近だったりすれば、住宅ローンの審査に支障をきたすのです。

 

ポイント還元には魅力があるでしょうが、クレジットカードの使いすぎや、使った時の引落し口座管理には、十分注意をしましょう。

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください