携帯代で信用情報に問題があってもあきらめないでください!

福岡MPオフィスの松股です。

 

・今や携帯電話はほとんどがスマホの時代

・スマホは本体代が高価でその多くは分割払い

 

ここ数年、携帯本体代の個人信用情報の問題で当社に相談に来られる方が後を絶ちません。

しかしそれでも、対策を取ることによって住宅ローンの審査に通ることはよくあるので、今回はその件についてお話しします。

画像は、スマホ本体代分割払いの長期延滞が、CICに情報登録されたものです。

返済状況は、赤い丸で囲んでいるように「異動」という言葉が書かれています。

この「異動」という言葉があるだけで、住宅ローンの審査は非常に厳しくなります。

 

でもこれを見て、何かおかしいと思いませんか?

 

携帯電話を契約したのは平成24年7月です。

「異動発生日(ソフトバンクが長期延滞扱いにした日)」は約2年後の平成26年6月です。

その時の携帯本体代の残金は11,000円(3~4ヶ月分)です。

それから「解消(代金の残金を完済)」は平成30年9月です。

 

つまりソフトバンクが長期延滞扱いにして、11,000円の残金が支払われるまで4年以上かかっているのです。

 

ご本人様に事情を確認したら以下のとおりでした。

・異動発生日の数ヶ月前、家族全員の携帯の電話会社をソフトバンクから他社に乗り換えた。

・手続をしたソフトバンクショップの店員から「スマホ本体代金の残金はどうしますか?」と聞かれたので「家族全員分を一括完済する」と返答した。

・しかしショップ店員の手違いで、家族全員分が完済されていなかった。

・完済手続がされていなかった分が未払いの状況で「異動」となっていた。

 

結局この案件は、当社から銀行に事情を詳しく説明したことで住宅ローンの審査に通ることができました。

しかしここ数年、スマホ本体代の分割払いのトラブルが多く、同様のケースで当社に相談に来られる方が本当に多いのです。

 

その背景として

・電話会社各社による顧客争奪のエスカレート化(そのことはCMなどでも分かります)

・スマホ本体メーカーによる新機種発売の増加

この2点が大きいようです。

このような状況が変わらないかぎり、同様の相談は今後も増えていくことでしょう。

 

 

【補足】

このようなケースで住宅ローンの審査通過に成功するには条件があります。

・他のクレジット(マイカーローンなど)の情報は特に問題ないこと

・資金計画(年収に対する借入金額など)に無理がないこと

・申込める(審査の交渉が出来る)銀行が限られることを了承すること

 (例:フラット35は通らない可能性が非常に高いです)

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください