トランプ効果?? 長期金利がプラスに!

福岡MPオフィスの松股です。

 

先週のことですが、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利を収めました。

この結果で世界の経済情勢がどうなるのか、これから注目されます。

 

日本では、次期アメリカ大統領の決定前後で、平均株価が一旦は大幅に下落したものの、その後V字回復、今は落ち着いている状況です。

(これは日本に限らず世界中の市場でそうでしたが)

 

長期金利について言えば、トランプ氏勝利後にアメリカの長期金利が上昇、その影響がヨーロッパや日本にも及び、日本では11/16付でプラス0.005%に転じました。

 

※日本相互証券株式会社ホームページより出典

 

米長期金利の上昇によってドルが買われ、円安が加速 → 株価上昇・長期金利上昇、その状況が今後も続くのかはまだ分かりません。

専門家でも、現状では意見や予測が分かれているようです。

 

しかし来週から下旬に差し掛かります。

ちょうど今の時期、各金融機関は来月の適用金利を見直します。

この状況から、フラット35など住宅ローンの12月の固定金利は「11月より若干上昇する可能性が高い」といえるでしょう。

 

しかし今年は、アメリカ大統領の選挙結果にせよ、イギリスのEU離脱を問う国民投票にせよ、専門家による予想の大ハズレが目立つ年ですね(苦笑)

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください