返済中のローンがあって審査に不安がある場合

福岡MPオフィスの松股です。

アメリカの次期大統領がトランプ氏に決まって、世界経済にどうなるのか?

それによって日本の住宅ローン金利にどのような影響があるのか?

気になる方が多いようですが、そのことについては近いうちにブログを書く予定です。

 

今回は、マイカーローンやカードローンなど現在返済中のローンがあり、住宅ローンの審査に不安がある方に向けてを書きます。

 

 

現在返済中のローンがあって住宅取得後もその返済が続く場合は、年収に対して、住宅ローンの返済額と既存ローンの返済額の合計額が何%であるかを、審査の際にチェックされます。

 

そこで審査の基準オーバーであれば、審査に通らなかったり、借入希望額を減額されたり、既存ローンの完済条件がつくなどが考えられます。

 

しかし基準オーバーで尚且つ完済が出来ない状況であっても、金融機関によっては以下の対処で審査が通ることがあります。

 

【例】

・マイカーローンの場合、自社のローンに借り換えて借入年数を延長して返済額を軽減する。

・カードローンやキャッシングは、金利が低い自社のローンに借り換えて返済額を軽減する。

 

実際にフラット35や銀行の住宅ローンの審査に通らなかった方でも、他の金融機関で上記の方法で満額承認を得られた方が多数います。

 

例えばディーラーのマイカーローンだと高金利のケースが多いので、借換えによって利息軽減にもつながります。

カードローンやキャッシングの借入残高があっても、住宅ローンの審査に通ることはよくあります。

 

ただしこのような対策が出来る金融機関と出来ない金融機関は、はっきり分かれています。

 

1~2社で審査に通らなかったからといってマイホーム購入をあきらめるのは、まだ早いかもしれませんよ!

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください