自己破産と住宅ローン審査

福岡MPオフィスの松股です。

最近、過去に自己破産を(または個人再生)をした方からのお問合せや相談が増えています。

今回は、過去に経験があるけどマイホームを買いたいという方へのブログです。

 

まず自己破産をした場合、一般的には以下のことが知られています。

・官報に掲載される

・全国銀行個人信用情報センター(以下、KSCといいます。)に官報情報として10年間記録が残る

 

よって「自己破産から10年経過後、個人信用情報から記録が消えれば、住宅ローンを取組める」と、多くの方が考えているようです。

 

 

ここでまず知っておいていただきたいのが、

「個人信用情報のデータは10年で消えるが、官報には10年以上たっても掲載されている

ということです。

 

金融機関(保証会社を含む)が住宅ローンの審査をする際、KSCの登録情報は必ず調査します。

しかし金融機関の中には、KSCのデータのほかに官報情報まで調査するところもあるのです。

そうなるとKSCにはデータが残っていなくても、申込者に自己破産歴があることが分かり、審査に通らなくなります。

 

また、免責決定時の債権者だった金融機関にも、データが残っています。

住宅ローンの申込み先として、それらの金融機関は絶対に避けなければいけません。

そして金融機関は合併することがあるので、そこも注意が必要です。

 

当社は、審査の際に10年以上前の官報情報まで調べる金融機関をいくつか知っています。

だから自己破産歴がある方の申込み案件を当社から持込む際、それらの金融機関は必ず避けています。

先日も、自己破産から10年以上経っているが、ある金融機関で審査に通らなかったという方から相談があり、別の金融機関で審査に通せた成功事例がありました。

 

自己破産や個人再生の履歴がある方は、10年以上経過していても住宅ローンの審査には注意が必要であることをご理解ください。

 

なお参考までに、福岡県内に店舗がある金融機関の中には、自己破産からある年数が経過していれば、KSCに官報情報のデータが残っていても審査してくれる(状況次第では審査に通る)金融機関もあります。

ただし金利は通常の住宅ローンより高めの金利が適用されること、誰でも審査に通るということはなく、審査に通るためには相応の説明が必要であることを、ご承知ください。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    とおりすがり (金曜日, 28 6月 2019 14:35)

    いくらなんでも適当過ぎ。
    官報情報が載っていても住宅ローンは通ります。
    これでプロだったら笑っちゃう。

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください