審査に難航した珍しい事例

福岡MPオフィスの松股です。

今回は審査に難航した珍しい事例を紹介いたします。

 

申込者様は自営業者でした、

自営業者に限らず、審査の際は健康保険証を請求されます。

(中には請求しない金融機関もあります)

この申込者様の健康保険証は画像の内容でした。

住所地の自治体の国民健康保険です。

問題となったのは黄色のマーカー部分です。

有効期限が交付から半年になっています。

 

この種の健康保険証の場合、有効期限は通常1年です。

ではこれはどういうことを意味するのでしょうか?

 

これは、過去に健康保険料の未納期間があり、現在もまだ

保険料の未納金が残っているということの証明なのです。

 

金融機関が住宅ローンの審査をする際、保険料の未払いや

滞納については、特に厳しく見られる傾向があります。

 

よってこのケースでは、健康保険証を出さなくてもよい

金融機関に申込むことをおすすめします。

 

住宅ローンの審査は、何千万円というお金を何十年に渡って貸すローンです。

審査においては、他のローン(マイカーローンやフリーローンなど)よりも

一段と厳しいことをご認識ください。

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください