株価上昇 による今後の住宅ローン金利予測

福岡MPオフィスの松股です。

昨日、日経平均株価が一時的に2万円台に到達したことにより、

今後の住宅ローン金利はどうなるのか?

気になる方もいるでしょうから、私なりの予測を書き込みます。


株価が上がる → 景気上昇 → 金利上昇

これが一般的な展開です。

株価は徐々に上がっています。

それでは金利はどうでしょうか?


住宅ローンの金利は、固定金利と変動金利でその指標が異なります。

固定金利の指標:長期金利(10年もの国債金利)

変動金利の指標:政策金利(無担保コール翌日もの)


まず、以下の画像は最近1年間の長期金利の推移です。

 

今年の2月まで7ヶ月連続でフラット35の金利が下がり続けたように、

1月半ばには一時期0.2%を下回る状況にもなりました。

しかしその後は徐々に回復し、フラット35や多くの銀行で、3月と4月、

固定金利の基準金利が少しずつ上昇しています。

 

長期金利の推移と同様、今後の株価の動向などによっては以前の水準の

金利に回復することが十分に考えられます。

そうなると、最近まで最低水準だった住宅ローンの固定金利も、

以前の水準に戻る(上昇する)こともあり得るのです。

 

では変動金利はどうでしょうか?

 

前回株価が2万円以上だったのは2000年春のITバブルの時期でした。

それから現在まで様々な経済状況を経て、一時は株価が7000円台まで

落ち込んだ時期もありました。

 

そのことを踏まえて、以下の画像をご覧ください。

画像は最近約16年間の政策金利の推移です。


 

2008年12月以降、7年以上にわたって0.1%という状況が続いています。

日銀の異次元的金融緩和により、まだしばらくはこの状況が続くと思います。

 

ちなみにこの推移の中の最も高かった時期(2007年2月~2008年9月)で、

政策金利は0.5%でした。

それから急激に金利が低下しています。

なぜでしょう?

この時期にリーマンショックがあり、それを境に金利が急下降したのです。

 

このように株価が前回2万円台だった時期の数年後から、政策金利は徐々に

上昇し、そして下降しました。


それではこの間、住宅ローンの変動金利の動きはどうだったのでしょうか?

下のアドレスは大手都銀の最近14年間の金利の推移です。

http://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/shinki/kakokinri.html

参考のためご覧ください。

 

過去14年間の変動金利の基準金利は、2009年1月から現在まで2.475%、

最も低かった時期で2.375%、最も高かった時期で2.875%、しかし

これもリーマンショック以降下がり、現在に至っています。

 

このように、政策金利の推移とほぼ一致しているのです。

 

よって

・まだしばらく変動金利は動かない

・多少の景気回復では、大幅な金利上昇は考えられない

と考えています。


これまでのお話は、あくまでも私の個人的な予測ですが、

今後のご参考程度に考えていただければと思います。

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください