フラット35の金利下降傾向について

福岡MPオフィスの松股です。

事務所の移転後、通常の業務をこなしながらもホームページやFacebookページの修正、

様々な文書や社用封筒などの住所等の書き換えも終わり、ようやく落ち着いてきました。


さて前回のブログで予告したとおり、今回はフラット35の金利低下傾向について書きます。

画像は今月の金利です。



フラット35は、昨年8月から6ヶ月連続で適用金利が引き下げられ、

史上最低金利を更新し続けています。

昨年からの金利推移は以下のとおりです。※融資率9割以下、借入期間21年以上


                  (前月からの下げ幅)

2014年7月    1.73%   (▲0%)

2014年8月    1.69%   (▲0.04%)

2014年9月    1.66%   (▲0.03%)

2014年10月   1.65%   (▲0.01%)

2014年11月   1.61%   (▲0.04%)

2014年12月   1.56%   (▲0.05%)

2015年1月    1.47%   (▲0.09%)


昨年秋頃1万5千円台前半だった株価は、現在1万7千円前後まで上昇しています。

通常、株価が上がれば長期金利(10年国債利回り)も上昇する傾向が強く、

フラット35をはじめ住宅ローンの固定金利はその影響を受けやすいものなのですが、

最近の推移は以下のとおりです。

長期金利は昨年11月から0.2%以上下がっています。

株価は上がっているのに、なぜでしょうか?


要因のひとつとして考えられるのが、昨年10月31日に発表された

日銀の追加金融緩和策です。

日銀による国債大量買入によって、長期金利が下がっているのです。

他にも欧州各国(特にドイツ)の長期金利の低下傾向も、影響を受けているのでは

ないかと思われます。


この状況がいつまで続くかはまだ分かりませんが、これから住宅ローンを

取組む方で固定金利を検討する方にとって、昨年後半からは絶好のタイミングが

続いていると言えるでしょう。

ただしフラット35は、金利が下降傾向にあるとはいえ、

①あくまでも融資実行時の金利が適用されること。

②団体信用生命保険に加入する場合、保険料は別払い(年1回)であること。

③窓口金融機関によっては、高い融資手数料(多くは融資額の2.16%)がかかること。

④(窓口金融機関の規定にもよるが)融資実行まで時間がかかること。

主に以上の点に注意する必要があります。


低い固定金利の恩恵を受けるチャンスではありますが、慎重に検討しましょう。



株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください