【フラット35】過去最低金利を更新!

福岡MPオフィスの松股です。

 

タイトルにあるように、今月の【フラット35】の金利が史上最低の金利となりました。

【フラット35】は、借入年数や購入金額に対する借入割合(融資率)によって

適用金利が異なりますが、いずれも先月より0.04%引き下げられています。

例えば融資率9割以下で返済期間が21年以上の場合で、1.73%→1.69%です。

 

巷では景気が回復傾向にあるというニュースが頻繁に流れています。

景気上昇となれば市場金利も上昇するものと考えられられます。

しかし今回【フラット35】の金利が引き下げられました。

どうしてでしょう?

 

【フラット35】や銀行の住宅ローンの固定金利は、長期金利(新発10年国債利回り)

の動向に影響されます。

そこで最近の推移は以下の図表のとおりです。

 

さらに最近1年の推移は以下のとおりです。

 

日本経済の景気回復を感じさせるニュースとは逆に、

長期金利は下がっているのです。

日経平均株価も最近は15000円台前半から上昇していません。

これはどういうことでしょうか?

簡単に言えば、現状はまだ景気回復とは言えないということでしょう。

 

原油価格の高騰によりガソリンをはじめ、先日、多くの生活用品の

物価上昇がニュースになりました。

当然ここには世界情勢の不安定と円安傾向の影響があります。

しかし労働者の賃金、特に日本の大多数を占める中小企業の賃金は

ニュースで騒がれるほど上昇していません。

 

賃金が上がらないのに物価が上昇する・・・現在はまさに

スタグフレーション状態と言えるのではないでしょうか?

 

今回の金利引き下げは、アベノミクスによる経済戦略がまだまだ難航

していることを、あらためて感じさせる出来事だと思われます。

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください