【フラット35】の10割融資について

福岡MPオフィスの松股です。

画像は今朝(2013年12月11日)の新聞からです。

 

以前からニュースになっていましたが、これまで購入価格の9割までが

融資限度額だった【フラット35】が、来年度から10割融資になる予定です。

 

これまでも何度か10割融資は実施されていましたが、今回は消費税増税に

よる消費の冷え込みへの対策としての予算案です。

 

これで不動産業者や当社にとって、仕事がしやすい環境になるか?

記事をよく見ると、多少の警戒が必要のようです。

 

記事に赤枠で囲っている部分

 

「10割融資を受ける場合は、過去の収入や職業などに関する審査を

 厳しくし、金利も上乗せする」とあります。

 

例えば、勤続年数が短い方や小規模の勤務先に勤めていて民間金融機関の

申込みが困難だった方

 

これまでは勤続年数や職種の規定がないフラット35で申込むケースが

多かったでしょうが、今後そのケースで10割融資を申込んだ場合、

否決される可能性が高くなるのでは?という恐れがあります。

 

以前、フラット35Sの優遇幅が大かった時期(当初10年間は適用金利より-1%)、

申込みが殺到し、属性の弱い申込者への審査が厳しくなりました。

事前審査は「承認」でも本審査で「否決」という案件が急増しました。

2~3年前のことなので覚えている方も多いと思います。

 

今回、10割融資になって使いやすくなるとはいえ、審査の面においては、

しばらく注視する必要がありそうです。

 

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください