変動金利から固定金利への借換え急増中?

新年を迎えて早くも10日が経過しました。

 

福岡MPオフィスの松股です。

大変遅いご挨拶ですが、あけましておめでとうございます。

新年を迎え、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

さて昨晩、テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」を見てたら

今回のタイトルにあるニュースが流れていました。

 

内容を簡単に述べると以下のとおりです。

 

「昨年末に長期金利が上昇したことから、

 大手都銀より固定10年型住宅ローンの金利引上げが発表された。

 現在変動金利で住宅ローンを返済中の消費者がこれに反応し、

 年明けから金融機関には、固定金利への借換えの相談が相次いでいる。」

 

昨日のニュースで取材を受けていたのはソニー銀行で、

他行の変動金利から固定10年型への借換え相談が増えている

とのことでした。

 

確かに政権交代後、株価が上昇傾向にあり、

景気回復が期待されています。

消費者が変動金利の将来に危機感を持つのは、

自然な傾向と言えます。

 

しかし私の意見としては、もう少し様子をみては?

と思っています。

 

安倍政権発足直後から株価が上昇しましたが、

真が問われるのはこれからです。

 

前回の政権交代時、鳩山政権発足時も株価等に

同様の傾向がありましたが、

発足直後から国民の期待外れな事が続き、

当初70%を越えていた支持率も一気に下降、

結局景気回復とはならず、住宅ローンの金利も

横這い状態でした。

(個人的には鳩山さん以降の民主党政権には

最初から期待していませんでしたが)

 

それと固定10年型への借換えですが、

10年間金利が固定されるという安心感はあります。

 

今の住宅ローンの残期間が短ければ問題ありませんが、

もしも残期間が長ければ、10年後には適用金利の見直しが

必要となります。

そこに変動金利と同様のリスクが存在することを

注意してください。

 

また、同じ固定金利なら全期間固定金利の

フラット35を検討するという選択肢もあります。

 

ただしフラット35は適合証明が必要であったりと、

一般の銀行よりも手続が複雑なところもあるので、

ご理解ください。

 

 

なお福岡MPオフィスでは、

銀行への借換え手続はもちろん、

フラット35への借換え手続も

丁寧なサポートを行っています。

 

借換えサポートのご参考ページ

 

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください