昨日のニュース 「大手行、住宅ローン金利引き下げ」について

福岡MPオフィスの松股です。

昨日、住宅ローンに関する大きなニュースが流れたのを

ご存知の方も多いことでしょう。

 

以下は、そのニュースからの抜粋です。

 

『大手銀行が12月に適用する住宅ローン金利が30日、出そろった。

固定10年型の最優遇金利では、三菱東京UFJ銀行など3メガバンクと

りそな銀行が1・30%に、三井住友信託銀行は1・15%に、いずれも

11月の水準から0・05ポイント引き下げる。

最近の長期金利の低下を反映して、固定10年型住宅ローンの金利水準は、

各行とも過去最低となる。

 金利引き下げ競争は激しさを増しており、住宅ローンをきっかけに個人顧客

との取引拡大を目指す各行は、関連の付帯サービス強化に乗り出している。』

 

現在住宅購入を検討中、または最近売買契約をしたという消費者の方には、

大変興味深いニュースだったことでしょう。

現に早速当社に、このニュースに関しての質問が数件ありました。

 

しかしニュースは・・・私にとっては全く驚くことがないニュースだったというのが

正直な感想です。

 

その理由は

 

金利大幅引き下げは、福岡の主たる地銀、九州ろうきん、福岡のJAなどでは、

すでに10月から採用されていたからです。

 

では何故、今回これが大きなニュースになったのでしょうか?

 

それはニュースの対象が大手都市銀行にあるからだと思われます。

 

でもこのニュースには、注意していただきたい言葉があります。

 

それは

 

「最優遇金利」という言葉です。

 

つまり

 

契約者の誰にでも適用される金利ではないということです。

 

では、それは何を基準に区別されるのでしょうか?

 

それは契約者の勤務先の規模、年収、購入物件の仕様(例:エコ住宅)、

物件の購入先(銀行と提携したハウスメーカー、販売会社)などによって

決まる金利なのです。

 

つまり、この「最優遇金利」が適用されるのは

 

「銀行の規定に適合した契約者」に限られるということです。

 

でもこのニュースに名前があがっている大手都市銀行

 

いずれも借入をするにあたって「最優遇金利」が適用されても

保証会社に対する「保証料」がかかります。

 

例えば

 

借入金額2,000万円

借入期間35年       だと

保証料は約45万円〜48万円です。

 

ところが福岡の一部の地銀では、銀行の規定に適合する契約者には

「最優遇金利」に加えて「保証料無料」という特典まで付いています。

 

よって私がこのブログで伝えたいことは以下のとおりです。

 

 

「このニュースはあくまでも『全国ニュース』です。」

 

「一般に出回るニュースを、そのまま鵜呑みにしないでください。」

 

「このニュースで取上げられている金融機関が、あなたにとって

 最適な金融機関とは言えない場合があります。」

 

 

金融機関には、一般には非公開の優遇制度が多くあります。

 

住宅ローンの借入先は選べるのです。

 

ニュースを鵜呑みにすることなく

 

金融機関を慎重に選んでください。

 

 

 

 

 

 

株式会社福岡MPオフィス

〒811 - 3425 

福岡県宗像市日の里6丁目13-9 

 

TEL:0940-37-3883

FAX:0940-39-3399

営業時間 9:00~18:00

    (時間外でも対応可)

 

事務所までのアクセス

 

email;fmpoffice@honey.ocn.ne.jp

 

休業日  不定休

 

対象地域

福岡県 およびその近郊

 

お気軽にご相談ください